“これは、バブルの狂騒の記憶すら持たず、かつての繁栄がもたらしたハコモノの廃墟の片隅で、社会がミシミシと軋む音をBGMに育った新たな世代による、紛れもない、この世界への祝福だ。”
“おそらく、半年ごとにコレクションを発表して半年間売って、多くの人に買ってもらって、シーズンが終わったらセールして、というシステム、サイクル自体がもう、限界点に達しているのじゃないかな。
ファッションにとって一番大事なのは何か。僕はカルチャーだと思う。たとえば、ピカソの絵を見た時にしか感じられないインパクトとか、受け手の人生にとって意味を持つものがあるかということ。売り手はそういう感動、カルチャーを「お客様にも」と思って伝えなきゃいけない。”
Youme Session 140818 (by seldamn)
[other photos]

Youme Session 140818 (by seldamn)

[other photos]

Dusted Oldies Slow Motion Mix

夏に自分の部屋で流すMixで定番のものがあって、その一つが2008年のStussyとNeighborhoodのプロジェクトBONEYARDSの一環で配布されてたこの”Dusted Oldies Slow Motion Mix"。

もう6年も前なのでwebサイトごと消えてるだろう…と思ったらまだ健在だったので紹介しておきます。特にこれから夏の終わりにかけては一段と美味しい。

Download(.zip)

8月の南阿蘇

ある夏の南阿蘇

先週、地元の大学生スケーターに誘われて、熊本・南阿蘇にある野外劇場アスペクタまで足を運ぶ。

阿蘇と言えば、自分にとっては昔から車で連れてってもらう場所…最近はほぼ九重への通過点…だったのですが、今回は初めて電車で向かいました。

ある夏の南阿蘇

熊本駅から豊肥本線に乗り換え。肥後大津駅までは(意外と)街中を走り抜けていく感じだったのですが、以降は非電化区間となり、風景はガラリと一変。阿蘇の山中をとろとろ登っていく。

ある夏の南阿蘇

アスペクタの最寄り駅は中松駅となるので、途中の立野駅でJRから南阿蘇鉄道に乗り換え。この南阿蘇鉄道がまた情緒あって…。片道400円足らずで雄大な阿蘇の風景を堪能できました。

ある夏の南阿蘇

客席がオープンになってるトロッコ列車も連結してて、高原の新鮮な空気と風景を肴に、片手にビールでもあればさぞ気持ちよかろうなぁ…。あと、駅には蕎麦屋や温泉が併設されてたり、一日かけて途中下車旅ってのも楽しそう。

ある夏の南阿蘇

あ、アスペクタももちろん良い所でした。クラブも良いけど、野外で音楽聴くのって格別気持ち良いものです。誘ってくれたけんPありがとう。良い夏休みの一日でした。